在宅介護日記

要介護2の父と要支援1の母の在宅介護生活を綴っていきます

父が包括病棟に入院

ご無沙汰しています。

1月は薬の調整で鬱状態からは抜けたが逆にソワソワして落ち着きなく転倒、転落を繰り返し目が離せない状態で大変でした。 ベッド上でも落ち着かず2つのベッド柵の間に海老のように入り込んで動けなくなったり転落が多いのでグリップつきの柵を追加するとボタンを30分以上カチャカチャ触って動かそうとしたりセンサーのコードを引き抜いたりと目まぐるしい日々でした。

2月になり薬を変更し大人しくなったら今度は傾眠が始まり動かないため歩けなくなってきて…

主治医に相談すると短期間ならうちで預かれるかもと言って下さったのですが急性期なので拘束の可能性が高く迷っているとケアマネさんから前に入っていた父お気に入りの拘束なしのほうが病棟に主治医の紹介状と空きがあれば入れるとの情報でそちらに決めました。

そして、やっと今日、包括病棟に入院しました。 ほぼ歩けなくなっていて5日位前に転落したときにベッドに力ずくで戻していたらぎっくり腰になりかなりきつかったです。

今日は素直に行く父ではないので診察に行く→リハビリのために入院が必要と医師に言われる→父が入院納得

という形になる予定だったのですが実際は連携が全くとれていなくて病院に着くとあちこちで入院のキーワードが出てきて「今日は診察に来ました」と本人の前で言い続けましたがきつかった。ネームバンドまでされる始末。バレていたかも。

病棟で診察という形だったけど診察する前に「入院時も面会は20分」とのことで退室。 最後に「書類を書いて来るね」と言い入院の手続きをして病院を後にしました。

戻って来ない娘に対して騙されたと怒っているのではないかと思うと心苦しいです。

長時間外出の結果

1月4日

両親を残して私は出かけて来ました。 不安はありましたが仕方なかった。

午前中

朝、起きて新年初のゴミ出し。 朝食を作り父を起こしテレビをつけてトイレに行くか確認。

先に自分だけで朝食を食べる。 朝ドラが終わる時間に父に朝食の声かけをするとパジャマが濡れていました。

またしてもリハパンの中にパジャマを入れてしまい伝いもれ😭 全身の前側がびっしょり。シーツなどは大丈夫でしたが着替えや洗濯でバタバタ。

母は呑気な起きてきてマイペースで自分の部屋で朝食。 父が朝食食べてくれるか心配でしたがすぐに忘れたのか朝食とってくれました。

その間に父の部屋を掃除、訪問看護さんが清拭してくれる日なのでそちらも準備。

風呂掃除もして父が食べ終わる頃に服薬と目薬をさす。 トイレを促すがキッチンから動かない。

仕方ないので洗い物や洗濯物干したりする。 帰りが遅くなるかもしれないため夕飯の準備。 カレーを作りました。

そして、やっと父が動きそうになったのでトイレに連れて行き部屋まで誘導しテレビをつけて見てもらう。

あっという間に昼食の準備をする時間になり作る。 私が出かける時間が迫ってきたので先に食べて、父に「少し早いけど昼食食べてくれないかな?」とお願いするとあっさり🆗👌

父に昼食を出して出かける準備。 服薬させて母に昼食の説明や父が転倒したときに私に連絡するようにメモを書く。

父がトイレに行き出てきて部屋に戻りベッドに腰掛け頭の位置が起きられない方向にいかないよう見守ったあと出かける。

私の行動

バスに乗りすっごく久しぶりの電車、券売機でICカードにチャージしたのになぜか切符を買うという不思議な行動をしてしまった時代に取り残された私。

モノレールに乗り換え目的地につき用事をすませ帰るときにスマホが鳴りました。

見るとケアマネさんが自宅を訪問してくれ様子を教えてくれました。 両親共に穏やかに過ごされてましたとのことで一安心。

帰りのバスの中でスマホがなり最寄りのバス停について折り返すと訪問看護さんでした。 こちらも特に問題もなく清拭を終えたと言うことと明日も出かけるのなら入れますと言ってくれお願いしました。

家に戻ると清拭を終えてさっぱりした顔の父。 母も何も問題なかったよと言いほっとしました。

今回思ったこと

デイに行かないと言うのは本当に困る。 でも、訪問看護さんなどに来て貰えると安心できる。 本人も何時になったら訪問看護さんが来てくれるとわかっていると留守番も大丈夫と言っていました。 今回、ケアマネさんからの報告でもかなり安心できたし介護チーム皆さんのおかげです。

おまけ 母の通院

1月5日は母の通院に付き合うため、父1人で留守番でした。 しかし、またリハパンにパジャマを入れてシーツまで尿汚染。

しかも今回は泣きまくり。 「迷惑かけるから死にたい、殺せ」と興奮。 朝食いらないと言うのでメロンパンで釣りどうにか食べてもらいました。

昼食は「いらん」と言うことでとりあえずお菓子と白湯を置き出かけました。

帰ってきたらお菓子はなくなっていたので訪問看護さんが勧めてくれたのかも。 訪問看護さんがきてくれた日は穏やかに過ごせることが多いので本当に助かっています。

この時も何事もなく過ごせました。

第3者との関わりがとても大切だとつくづく思いました。

両親の近況

皆様、ご無沙汰しています。 父と母のダブル介護になり疲れきってブログをなかなか更新出来なかったです。

要介護2の父

父は現在、デイを2回で行かなくなり精神科訪問看護さんに週2回来て頂き清拭して貰っています。

ほぼ毎日、朝食や昼食、夕食などを拒否し何度も声かけしてやっと食べる状態。 本人は「食べたいときに食べればいい」と開き直り。

体の方は食事、トイレ以外動かないので歩行も不安定だし座位、立位を長く保てません。 起き上がりも持つ物がないと起き上がれず。

先日は私が洗い物しているときに立ち上がった瞬間に転倒しました😰

気配を感じフォローしようとしましたが私の膝に倒れてきた頭部が当たりお互い痛い目に。

今日は買い物に行って帰って来るとベッドからの滑り落ち。 以前は本人と共に息を合わせ立ち上がることがどうにか出来ましたが今は本人の筋力がないため私が全力で頑張るしかなく大変です。

しかも、素直に言うこと聞かないため時間がかかりまくる。

転倒や滑り落ちした後は「死にたい、殺してくれ」の嵐。

要支援1の母

母の方も薬を飲んでいますがどんどん症状は進行しているようで食べたかどうかの判断が出来ず間食が増えました。

お菓子がないと一気に不機嫌に。

昨日は「おせちの配達が来たことをなぜ黙っていたのか」といきなり怒りだしふて寝。

おせちが届いたとき母は寝ていて気づいていなかったようです。 難聴もありますが耳鼻科に行かないし困る。

蕎麦を夕食に食べようと声かけするも「後で自分で作って食べるから放っておいて」と。

1時間後、父を寝かしつけ戻ると納豆とご飯を食べようと用意する母。

蕎麦つゆは鍋に入ってるよと声かけすると「蕎麦は年越しの時間に食べるの」と不機嫌モード全開。

結局、22時頃母は寝てしまい蕎麦つゆはそのまま。

今朝、この鍋には蕎麦つゆが入ってるからと伝えたのにそれでお雑煮を作っていた母。

年越し蕎麦つゆで雑煮って…アリ?

そんなこんなで毎日、両親に振り回されています。

1月4日 長時間家を空ける日

実はこの日、ショートをとり父を預ける予定でしたがデイと同じ場所のショートしかとれませんでした。

現在、デイの拒否が激しく荒れまくるため諦め。

当日、16時に訪問看護さんが清拭に来られます。 出かけるのは12時すぎなので4時間何も起きないことを祈るしかありません。

母を留守番で置いていきますが庭に出たら転倒しても気づかないだろうな。 そして、母は父の部屋に基本行かないので父が何か音を出さない限りは気付かれない。 不安だけど仕方ありません。 結果はまた後日…

脳外&精神科受診

脳神経外科を受診

今回は精神科の訪問看護の指示書を書いて頂くためケアマネさんも同行です。

精神科の訪問看護さんから精神科か心療内科を受けたほうがよいと言われていたので主治医に相談し予約をとってもらいました。

指示書も書いていただけることになり一安心。

精神科で薬の調整をしてもらうことになりました。

精神科を受診

脳外からの紹介で後日、精神科を受診しました。

この日は足の調子が悪かったようでタクシーに乗るときにも時間がかかりました。

いつも頭からタクシーに乗ろうとするので後部座席に座らせるのも一苦労。

脳外と同じ病院内なので場所もすぐわかり父も大人しく待つことができました。
朝、拒否が出るのではないかと思いましたがどうにかクリアです。

まずは他の診察室にて問診。
女医さんから色々な質問をされました。
「定年になったのはいつか?」
「小学校の名前は?」など。

問診が終わりしばらく待ったあとに診察室へ。
今、飲んでいる薬を見ながら父の症状で困ったところを聞いてきます。

そして「認知症」と言うキーワードを何度となく繰り返されます・・・

本人は自分が認知症ということを知らないのでメモにそのことも書いておけばよかった。

薬については就寝前の薬を1種類減らし、1日2回抑肝散を服用することに。

抑肝散は入院前から服用していたので手持ちがある。

診察が終わり会計しタクシーへ。

病院内は車いすを使用していてタクシーのときには車いすからの移乗になる。

体をこちらに預けてくれればいいが、それを嫌がるので乗せるのが大変。

あまりにもモタモタしていたせいか通りすがりの方が「バッグ持ちますよ」と声をかけてくれました。

通院時にはもしものためのグッズ(リハパンやパット、着替えなど)がかかせないため荷物が多くなる・・・

次回の受診はクリスマス

25日にまた脳外と精神科を受診する予定です。
これで少しは拒否が減ったり、リハビリをする気になってくれたらいいのですが。

今日の父

昼食拒否→時間をずらしても食べてくれなかったのでアイソカルゼリーに変更したら食べてくれた。

夕方、訪問看護が来て契約。
今日は指示書がまだ来ていないとのことで聞き取りと契約のみ。
次は木曜日なので清拭して貰えたらいいな。

上衣を1週間以上着替えてくれなくて困っています・・・
第3者がいないと厳しい。

就寝前にトイレとリハパン交換を促すが拒否。
カレンダーや時計が読めなくなってきている模様。
以前から理解はできていなかったけれど、もう正月も終わったとか年末だったり春になっていたり頭の中が混乱しているみたい。

そして不安から「早く死にたい、殺してくれ」と言う父を見るのがツライ。

両親の認定調査の結果

両親とも同じ日に認定されていた

11月下旬に認定調査の結果、介護保険証が届きました。

父 要介護1から要介護2になる

ケアマネさんの読み通り、要介護2になりました。
介護ベッドの負担金が少しだけ安くなる。

単位も増えるためサービスの利用もしやすくなります。
とは言え、あまりサービス利用できていない現状・・・

サービスの利用がしっかりできているのは福祉用具くらい。

今回はデイサービスをしっかりと入れたい。

母 要支援1になる

何でも中途半端な状態で目を離すと危険なことやもったいないことをする母です。

記憶障害がひどくすぐに忘れてしまうのに自分でも気付いていて「お父さんみたいになっていく」と言っていました。

何でもメモをするように言うのですが、それも忘れるのか全くダメですね。

今後はデイサービスなどで気分転換してくれるといいのですが。
母も父と同様、デイに行かないのでは・・・と不安。

父のことが暗礁に乗り上げているので来年になったら母のほうは動こうと思います。

両親のダブル介護開始かな。

デイサービス3回目は行けたのか

残念ながら送り出し失敗

デイサービス当日の朝、起こしに行った時点で「まだ起きるのが早い」と言い起きない。

仕方なく10分ほど放置。
その後、また起こしに行くと「今日は何があるんか」とどうにか目は覚めた様子。
「今日はお風呂の日だよ」と言うと眉間に皺をよせて「あんなところには行かん」と怒りだしました。

とりあえず撤退し、妹に電話してくれるように頼む。

妹からの電話作戦

家にさり気なく電話をかけてきて先日、泊まったお礼を父に伝える。
父の顔が笑顔になる。

電話の内容が私には聞こえないが父の表情でなんとなく理解。
「お風呂に入りに行ってね」と言ったのだろうか。
父は「ああいうところは好きじゃない」と答えている。
思い切り父の愚痴モードになってしまった。

だんだん笑顔が消えて不穏に。
妹もどうにかデイへ繋げてくれようと頑張ってくれましたがダメでした。

デイを休んだ一日

デイに電話しお休みする旨を伝えました。
着替えているのならお迎えに行ってみましょうか。と声はかけてくれましたがベッドから全く起きず、朝食も拒否、トイレも拒否なので難しい。

ここ最近、上半身は全く着替えません・・・
お風呂のときしか着替えることがない状態に。

デイをキャンセルしたことを伝え朝食を食べにきてと言うが全く聞く耳持たず。

トイレもなかなか動きませんでしたが限界が来るとヤバイので「行きたくないときもあるよね」と寄り添いながら話してトイレに誘導し交換できました。

やっと一仕事終わったと思ったところに玄関をノックする音。

慌てて出てみるとデイサービスの方でした。
近所の方の送迎も終わっていたので少し離れたところから来てくれたようでした。

「声をかけてみましょうか」とのことでしたがやっとのことでトイレが終わったところで朝食もまだ。

一番問題なのは父にはトラウマがある。

以前通っていたデイのとき、行かないと拒否していましたが、デイの方に玄関から声かけをしてもらったことがあるのですが、すごく怖かったようでトラウマになってしまいその後「2度と行かん」と言ってやめてしまいました。

そういうこともあり拒否状態のとき、送迎の方からの声かけは避けてもらっています。

朝食

10時すぎにやっと朝食。
ちなみに朝食はいらんと言っていたので30分ごとに声掛けをしていて朝食に応じたときには「お腹すいた、ご飯を食べさせてもらえん」と言っていました。

お昼は12時にしっかりと食べ、おやつも完食。

混乱状態になる

夕方になると「頭がおかしい、死んだほうがいい」と混乱。
テレビを見ていると現実がどちらかわからなくなることがあるようです。

そして混乱するとそれをデイのせいにする・・・なぜ?

話をしっかり傾聴し落ち着かせてから夕食。

就寝前にテレビを消すと「明日は何がある?」「もうみんなやめてしまえ、金を使うな」と激怒。

予定が気になりすぎてストレスになっているようなのでカレンダーを外そうか迷い中です。

なくなっても色々聞いてきそうだけど。
皆さんどうされているんだろう。

デイサービス2回目とサプライズ

理由を話して行ってもらいました

前回のデイで嫌々病が発生してしまったので行ってくれるか心配でした。

理由

母の通院でインフルエンザワクチンの付き添いで二人とも出かけるから入浴に行ってほしいと頼みました。

通院先が徒歩ではなくバスに乗るのですが母は行先を間違えて乗ったことがあるのでそのことを強調して一緒に行かなくてはいけないと。

それでも、父はひとりで家におればいいだろうと言う・・
何かといえば「大丈夫」

大丈夫じゃないんだけれど。

誇大化

「検査とか入ると午後までかかるかもしれないし、お昼ごはん作れないよ」と言いどうにか納得してもらいました。

当日の朝

「やっぱり行かんといけんのか」と言いながら仕方なく行ってくれました。

デイの方が来た時にはめっちゃ笑顔になるんだけどね。

帰宅後

帰って来るとフラフラ状態でしたが楽しめた様子で機嫌は悪くない。

ご飯もしっかりと食べ完食。

サプライズ

もう寝ると言っていましたがそのときにピンポーンとなりました。

久しぶりに妹が帰省。
父には黙っていたのでビックリ!
部屋で少し話していました。

妹が夕食を食べにキッチンにいるとき、父は部屋でもう寝ると言うので眠剤を飲ませ寝せました。

こっちもビックリ

妹とキッチンで話していたら、ナント自力で起き上がってキッチンへ来ました。

いつもは起き上がるの介助なしだとすっごく時間がかかる&起き上がるのをやめることも多いのに。

久しぶりに妹とノンアルで乾杯して30分ほど話していました。

眠剤飲んでいるので部屋に戻るとき、ふらつき&足が動かんとのことで妹と二人がかりで部屋まで誘導。

その後、すぐに眠ってくれました。

ちなみに母はインフルエンザワクチンの副反応か体調不良で夕食後すぐに寝ていました。

父にとって妹は特別な存在。
私や母の言うことは聞かなくても妹の言うことなら聞いてくれるかな?!

妹が帰ってしまうと・・・

また、いつもの父に逆戻り。
昼食拒否や就寝前に「みんなやめてしまえ、どこにも行かん」発言が。
3回目のデイはどうなるやら。